白河八幡神社

白川八幡神社

岐阜県大野郡白川村荻町559

白川八幡神社の御由来

白川八幡神社の勧請年代は不明です。
口碑によれば、和銅年間(708年~715年)の創立と伝えられています。
境内の老杉は約200~300年とされており、村指定天然記念物になっております。

古代、白川郷は43カ村であって、その総社として崇敬されてきました。
御祭神は、応神天皇を奉斎し、産土信仰とともに萩町・戸ヶ野・島集落の氏神様として信仰されて、今日に至ります。

いにしえより、秋の豊作を喜び、新穀でお神酒を造り、神に捧げて敬い、自然を愛し、人々相互に安芸の豊穣を喜び祝い、伝統の獅子舞などにより神幸祭が催されます。

白川八幡神社の例祭

例祭(どぶろく祭)・・・毎年10月14日・15日

作者コメント平家の落人村があったとも言われる白川郷。
武士の守り神でもある、八幡様をお祀りしている神社に平家一門の武士たちも平家の復興を願い参ったかもしれません。

5/5 (1)

クリックレビュー

レビューを書く

*